「今の家賃で家が建つ」に騙さるな



こんにちは。Wood Life Designです。


住宅会社の営業トークとして鉄板なのが「今の家賃と同じ金額のお支払いで、家が建てられますよ」というものです。


果たして、本当にそうでしょうか?


この言葉には、ある費用がスッポリと抜け落ちています。

それは、家のメンテナンス費用です。


一般的な耐久性を持つ建売住宅の場合、目安として30年間で約850万円のメンテナンス費用がかかると言われています。これを1ヶ月に分割すると、月に約23,000円です。


例えば防蟻・防水の劣化、外壁の再塗装、屋根の葺き替え、サッシ交換、給湯器やキッチン、ユニットバス、便座、洗面など設備の修繕など…。


目安としては、15年スパンでまとまった金額が必要になり、30年をひとつの節目として、外装が痛んできます。


マイホームに夢を膨らませているあなたに気が重い話をしてしまいましたが、家のトラブルは、ある日突然発生します。そんな時に慌てず迅速に対応できるように、日々積み立てておくことをお勧めします。


ちなみに、メンテナンスコストは家を建てる際に、耐久性の高い材料を選んだりすることで、ある程度抑えることができます。


将来のことも考えて、慎重に計画しましょう。

もしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。


※建物仕様の前提条件

外壁:14~16mmの窯業系サイディング 

屋根:スレート葺き

面積:約30坪程度・総2階

構造:木造2階建て




電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)