top of page

お洒落な照明の後悔ポイント



こんにちは。Wood Life Designです。


部屋の雰囲気を大きく左右する要素のひとつが、照明です。


今はお洒落な間接照明やペンダントライトの情報もSNSでたくさん投稿されているので、憧れる方も多いと思います…が、落とし穴があります。


まず、人気の間接照明ですが、ご存知の通り間接照明は天井や壁、床に照明を当て、その反射光で部屋を照らします。


よって、光が直接当たる面に凹凸や継ぎ目などがあると粗が目立ち、雰囲気が台無しになります。


これを避けるには、以下の方法があります。

・腕の良いクロス職人に依頼する

・塗り壁調など、分厚めの壁紙を選ぶ

・壁紙ではなく塗装、左官にする


また、間接照明は壁や床など、掃除に手間がかかる場所に組み込まれることも注意点です。


次に、カフェなどで見かけるお洒落な照明、ペンダントライトは、天井に直接コンセントを設けると、原則その位置に場所が固定されてしまいます。


なので、ペンダントライトの配置により、家具の大きさや位置が限定されます


対策としては、ライティングレールを採用すると、あとで融通が利きやすいです。また、ワンポイントアドバイスとしては、ペンダントライトはテーブルや作業スペースから60~70cmの高さに吊り下げると、お洒落に見えます


最後に、スタンドライト。ネットなどでお洒落な物を見つけて、つい衝動買いするということもあるかと思いますが、部屋の雰囲気に合わなかったり、ケーブルをずらっと床に這わせて一気に生活感が出たりと、後悔する方が多いです。


ペンダントライトやスタンドライトは、コンセントとセットで計画することをお勧めします。


つまり、照明計画も間取りを決める段階で、計画的に行いましょう。




家づくりでもしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。


電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)



Commentaires


bottom of page