top of page

こんなに違う!?耐震等級で命を守る



こんにちは。Wood Life Designです。


今月、トルコで大地震が起きて甚大な被害が出ています。

地震大国日本も、他人事ではありません。


そこで今回は、地震からあなたと大切なご家族の安全な暮らしに直結する「住宅の耐震性」について、お伝えします。


現在の建築基準法の耐震性は最低レベルの耐震等級1。この前お伝えした耐熱性に続き、国の基準はこちらもオワコンです。


ですがご安心ください。さらにその上の耐震レベルが存在します。それが、耐震等級の1.25倍の強度を持つ耐震等級2と、1.5倍の強度の耐震等級3です。


では実際、どのくらい耐震性能が違うのか?2016年の熊本地震を例にご紹介します。


熊本地震では、震度7クラスの地震が連続で発生しました。耐震性が低い建物は前震でダメージを受け、その後起きた本震に耐えられず倒壊し、耐震等級1レベルの建物は6%が倒壊しました。耐震等級2レベルの建物は倒壊こそ免れたものの、半壊や深刻なダメージを負った建物もありました。


そんな中、耐震等級3の建物は倒壊、全壊、大規模半壊はなんとゼロ!軽微な修繕で済みました。


このことから明らかなように、日本で住み続ける限りは、耐震等級3を迷わず採用されることをおススメします。南海トラフ地震や首都直下地震が取り沙汰される中、あなたとご家族の命を守り、地震後も住み続けることができるよう、ご検討ください。




家づくりでもしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。




電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)



Comentarios


bottom of page