予算オーバーを防ぐために知っておくべき総予算の計算方法



こんにちは。Wood Life Designです。


「マイホームの予算が思ったよりかかった」「予算オーバーして〇〇を諦めた」という声をよく聞きますが、あなたの周りの方はいかがでしょうか?


多くの人は、家の価格を安く見積りがちです。そこで今回は、予算オーバーを防ぐためのざっくりとした計算方法をお伝えします。


まず、家づくりの費用は大きく「土地」と「建物」に分かれます。

土地には、土地自体の費用以外にも仲介手数料や移転登記費用、印紙代、固定資産税などが発生します。土地自体は非課税ですが、諸経費には税がかかります。


目安としては、土地代金の8~10%の諸経費が発生すると考えておくと、大きく外れることは少ないでしょう。


建物は本体価格に加え、建物付帯工事費用、諸費用、そして消費税も数百万円単位になります。


こちらも目安としては、本体価格の1.5倍+消費税を、建物の総予算と見積もるのが良いでしょう。


なお、実際にお金が必要なフェーズは、売買契約の段階で手付金と仲介手数料の半分を支払うのが一般的です。この時点ではまだローンは下りておらず、自己資金で賄うか、金融機関の融資を利用する方が多いです。


もしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。




電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)