最強はどこ?ハウスメーカーvs工務店vs設計事務所



こんにちは。Wood Life Designです。


今回は、家づくりでよく挙がるこのテーマについて、ご紹介します。


まずハウスメーカーは、実際の施工は行わなわず、地元の工務店に依頼することが多いです。その分、ハウスメーカーは自社のブランド力や営業力で集客する、営業会社の役割を果たします。


当然、価格は工務店に直接依頼するより割高になりますが、高耐久でそれなりの品質で建ててくれる会社が多いです。


また、ハウスメーカーは大企業が多いので、倒産リスクが低く、知名度やブランドの安心感、ステータスを得られます。アフターサービスが充実しているメリットもあります。


デメリットとしては、価格が高くなること、工務店より家づくりの自由度が低い点、気密施工・気密測定を行わない会社が多いこと。また、営業マンが強引だったり、担当者によって能力差がバラバラだという話は、あなたも聞いたことがあるかもしれません。


次に工務店は、施工のプロフェッショナル…かどうかは、会社によります。平たく言うと、当たり外れが大きいので、いかに腕のいい工務店を見つけるかがカギになります。


ただ、運よく腕のいい工務店と出会えたとしても、そういう工務店には口コミや紹介で仕事が殺到しているので、何年か待たなければ請けてもらえないケースもあります。


とは言え、他の2つより安く建てられること、設計の自由度が高いことは大きなメリットです。


また、工務店にも、お客様からの依頼を直接請ける「元請け工務店」と、前述したハウスメーカーからの依頼をこなす「下請け工務店」の2種類あります。


一般的に元請け工務店はレベルが高く、下請け工務店は値段は比較的安いですが、技術力は価格相応というイメージです。


フランチャイズ加盟店もおススメできません。工務店が本部に支払うロイヤリティーは家の価格に転嫁され、結局あなたが負担することになるからです。また、技術力もまちまちです。


最後に設計事務所ですが、こちらはあなたと工務店の橋渡し的な立場で、デザインや提案力は優れていますが、ハウスメーカーと同じく価格が割高になりますし、家づくりが長期化しがちです。


フラットな目線で、全体を俯瞰で見てくれるところがありがたいです。


それぞれの特徴を踏まえた上で、どこに依頼するか選びましょう。


もしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。




電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)