知らないと後悔する、土地探し3つのポイント



こんにちは。Wood Life Designです。


家を建てる際、どうしても建物に目が行きがちですが、その前の「土地探し」も重要です。

ただ、ほとんどの人にとって、家づくりと同様、土地探しも初体験なので、何を基準に選んだらいいのかわからないと思います。


そこで今回は、土地探しで特に重要な3つのポイントをご紹介します。


結論からお伝えすると「価格が適正か」「敷地に問題がないか」「ハザードマップにかかっていないか」です。


それぞれ具体的に見て行きましょう。


1.価格が適正か


・相続税路線価をチェック

全国地価マップで確認

・相続税路線価と実勢価格を比較(0.8で割り戻して算出)


上記で確認した価格が、販売価格と大きくかけ離れていなければ適正と思われます。


2.敷地に問題がないか


まずは家づくりを依頼予定の業者さんに相談してください。これは一般人では調査が難しいので、プロに任せた方が良いです。


また、その際、プロがどこを見ているかを確認してください。(電気水道ガスなどのインフラ、境界、法規、地盤、隣地建物の位置・形状・ひび割れや傾斜、騒音、その他周辺環境など)


重要なチェック項目としては

・接道要件(公道・私道)

・擁壁の有無・状態(これにより、建築コストが随分変わってきます)

・簡易的な地盤確認(基礎補強・地盤改良の場合、コストが変わってくるので、業者さんに相談してください)


3.ハザードマップにかかっていないか


こちらは、建築予定地の行政サイトから検索できます。特に注意すべきは洪水、土砂、高潮、津波、崖崩れです。安全面も当然ですが、ハザードエリア内の土地は資産価値が落ちるので、買わない方が無難です。


また、土地を探す段階で、トータルの予算感をざっくりでも把握しておくのが重要です。

さらに、土地の検討前に、住宅会社を決めるのがおススメです。住宅会社は建築予算を見積もってくれると同時に、敷地が宅地として問題ないか判断してくれます。


住宅ローンの本申込み時に、建物工事請負契約書が必要な場合もあるので、土地と建物の総額を算出したうえで、正確な資金計画をつくると安心です。


もしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。



電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)