知らないと騙される「断熱材」の選び方



こんにちは。Wood Life Designです。


秋も深まり、冬の気配が近づいていますね。寒い時期は、以前もブログで書いた通り、ヒートショックのリスクもあるので、家の断熱性、気密性がとても重要になってきます。


ただ、この断熱性や気密性は専門的な領域なので、何を選んだらいいかわからない人も多いと思います。


基本的には「高齢者がいるので、ヒートショックを起こさないよう温かくして欲しい」などの要望を工務店などに伝えればOKですが、1点、悪徳業者かどうかを見抜くポイントがあります。


それは、断熱性能について「当社は〇〇という断熱材を使っているから大丈夫です」という営業トークをする業者です。


そもそも断熱性は「断熱材の熱の通しにくさ×断熱材の厚み」で決まります。

つまり、高性能の断熱材でも、薄ければ断熱性能は落ちるのです。また、断熱性は断熱材の品質だけでなく、壁紙などの内装仕上げ材や防湿気密シート、石膏ボード、構造用面材、通気層、外壁下地、サイディングといった様々な要素の組み合わせで決まります。


なので、断熱材の性能ばかり説明する営業マンや、特定の断熱材ばかり推してくる業者は要注意です。




家づくりでもしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。


※東京都健康長寿医療センターパンフレット/警察庁統計 令和元年・2年)




電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)