住宅会社に任せると後悔する「外構」の闇



こんにちは。Wood Life Designです。


庭や植栽、堀と門、車庫など建物の周りに設ける「外構」も、見落としやすいポイントです。


家の内装や間取りに予算をかけ、外構にまわす予算がない…よくある後悔ポイントです。

これは、家を建てる人だけが悪いわけではなく、住宅会社に責任がある場合もあります。

どういうことかと言うと、住宅会社というのは、基本的に建物を売る会社です。外構をセットで手掛けてくれる会社は少ないです。


その理由のひとつが…儲からないから。


住宅会社は家自体にお金をかけて欲しいので、資金計画の際に「とりあえず外構は70万ほど見積に入れておきますね」など適当に済ませる会社がほとんどです。


しかし、数十万では、かなり貧相な外構になります。完成してから「めっちゃしょぼい!」と後悔しても、予算が残っていなければ後の祭りです。


こんな先輩たちの二の轍を踏まないためにも、外構予算として、最低でも建物本体価格の7~8%(駐車場2台ほど)、できれば10%(ウッドデッキや目隠し、庭木をたくさん植えられ、見栄えが良くなる予算帯)を確保しておきましょう。


例:工事費2000万円の場合、最低150万円、できれば200万円


カーポートやガレージが入ると、これより数十万円単位で高くなります。


また、できれば外構も提案できる住宅会社を探しておくと、相談に乗ってくれて心強いと思います。


もしお悩みであれば、Wood Life Designにお気軽にご相談ください。


※予算のお見積もりはあくまで一例です。ご検討の際は自己責任でお願い致します。



電話:046-293-0808

(受付時間:月~土 8:00~18:00)